おすすめスポット

セッション

第7回ケモインフォマティクス若手の会
2018年5月22日(火)


ケモインフォマティクス分野の若手研究者の方々の活性化および研究者間の交流増加の促進を目的とした若手の会が発足してから、第7回目の会を迎えました。
 
今回も昨年に続き春にも会を行うことにしました。ぜひ、参加と発表の検討をお願いします。研究成果のみならず、ケモインフォマティクスに求めること、直面している問題・課題などといった幅広い内容の発表を歓迎します。
 
前回の若手の会の様子についてはこちらをご覧ください。
LinkIcon 第5回若手の会
 
例年同様、グループディスカッションをワールドカフェ形式で行う予定です。
ワールドカフェ形式のグループディスカッションでは少人数でいくつものグループディスカッションを同時進行させ、時間がきたらグループのメンバーを変えて再びグループディスカッションを行うということを繰り返していきます。
 
こちらを第3回若手の会から採用したところ各グループで大変ディスカッションが盛り上がりました。毎回頭を悩ませていますが、各発表者の発表時間の調整やグループの割り振りなどを見直してよりよいグループディスカッションにしたいと思っています。
 
今回の講演はコアメンバーの明治大学 理工学部 応用化学科 の金子 弘昌が行う予定です。
講演タイトルは「QSPR/QSARモデルの適用範囲~基礎・応用事例・最近の研究内容~」です。
 
5/7追記: 概要を追記しました!! 
[概要] QSPRやQSARにおいて、物性/活性が測定された化合物群を用いて、化合物の化学構造情報を数値化したものをX、物性/活性をyとして、物性/活性推定モデル y=f(X) が構築される。モデルを用いることで、Xつまり化学構造の情報のみからyの値を推定できる。しかし、使い方に気をつけなければならない。化学構造であればどんなXの値でも y=f(X) に入力できてしまうが、推定された y の値を信頼できるかどうかは話が別である。このあたりを議論するための概念がモデルの適用範囲である。本講演ではモデルの適用範囲の必要性について話した後、その設定の仕方や実際の使い方などを解説する。最後に、最近の研究内容に触れながら、モデルの適用範囲を考慮した物性/活性推定モデルのより良い活用方法について議論する。
 
QSPR/QSARモデルの適用範囲は単純にモデルを作るだけでなくそれを適用する際に非常に大事になって来ますので、機械学習を学び実用していきたいと思っている方にぴったりな講演ですね!
 
今年度から研究を始めた学生さんの初めての発表練習として、また研究の方向性を異分野の方にアドバイスいただきたいなど、どのような方でもご参加とご発表お待ちしております。
 
 
5/16追記: 参加者の人数について更新しました!!  
第7回若手の会参加予定者:60名
懇親会出席予定者:48名
 
 
5/7追記: 発表演題および要旨集を更新しました!!  
発表演題
要旨集については こちら ← クリックしてください。
 


QSPR/QSARモデルの適用範囲~基礎・応用事例・最近の研究内容~


創薬の現場で機械学習をどう活かすか?


タンパク質超二次構造コードを用いたインターフェロンα、β、γの構造相同性アライメント解析


Spresso - 超高速なタンパク質立体構造ベース創薬を目指して


Grammatical evolution を用いた集団最適化による新規分子設計


少数サンプルにおける活性予測モデルの性能評価および精度向上


半教師あり学習の新規手法を提案


Generative Topographic Mapping (GTM) でデータの可視化・回帰分析・モデルの逆解析を一緒にやってみた


糖摂取後のヒト血中分子濃度の時間変動解析


時間軸を用いたソフトセンサーの新規評価手法の開発




 
 

参加申し込み・お問い合わせ 

参加費: 無料 
懇親会費:無料(DeNA TECH STUDIO のサポートにより懇親会の参加費は無料となりました。)
お申し込み期間:5月16日(水)まで   ※申し込み期間を延長しました!
 
参加者がくつろいで交流や議論を楽しむことを目指しています。 当日はラフな服装で参加してください (ノーネクタイでお願いします)。 
 
参加登録: 参加およびショートプレゼンを希望する方は、2018 年 5 月 11 日 (金)までに以下のフォームまで参加登録をお願いします。その際に下記の情報を明記してください。

  • 氏名
  • 所属
  • メールアドレス
  • 当日連絡可能な電話番号
  • グループディスカッションでの発表希望の有無
  • 懇親会参加の有無

 (グループディスカッションでの発表を希望する場合)

  • タイトルおよび概要(何字でも構いませんが目安としては 150 字くらいです)
  • 当日はグループディスカッション用の資料(5〜6人分の資料を印刷し使いまわしたり、パソコンを持って来たりしている方が多いです)をご準備ください。

 
他の学会で発表した内容・資料でも構いません。発表・ディスカッションの練習の場としてもぜひご利用ください。また、申込みは締切りを過ぎても柔軟に対応します。遠慮せずご連絡ください。 
LinkIcon 参加申し込みフォーム
 
お問合せやご質問はこちらのフォームをご利用ください。
LinkIcon お問い合わせフォーム
 

レジュメ 

5/15追記: 受付時間を追記しました!!
 
第7回ケモインフォマティクス若手の会 
主催: 日本化学会 情報化学部会
会期: 2018 年 5 月 22 日(火) 受付12:20~ (当日 19:00 から懇親会)
会場: 株式会社ディー・エヌ・エー(渋谷オフィス)
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ
東京メトロ副都心線・半蔵門線、東急東横線・田園都市線と地下3階で直結。
JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線と2階ペデストリアンデッキで直結。
エレベーターで11階の総合受付までお越しください。   
 LinkIcon アクセスマップ
 
実行委員長
川下 理日人(近畿大学 理工学部生命科学科)
実行委員
金子 弘昌(明治大学 理工学部 応用化学科)
久保 竜一(株式会社DeNAライフサイエンス)
 
スケジュール
12:20~ 受付
13:00   開会
13:10 – 13:20 会場準備 (グループディスカッションのために机を動かします) 
13:20 – 16:30 グループディスカッション(ワールドカフェ形式で行います)
[概要] いくつかのグループに分けディスカッションを行う。休憩をはさんだりグループを変えたりしながら進める。 
17:00 – 18:00 講演
金子 弘昌 氏(明治大学 理工学部 応用化学科 講師)
講演タイトル「QSPR/QSARモデルの適用範囲~基礎・応用事例・最近の研究内容~」
[概要] 上記を参照 
19:00 - 懇親会
※懇親会は立食形式を予定しております。
 
 
本研究会は技術者支援プログラム「DeNA TECH STUDIO」の支援を受けて運営しています。
 
◆ DeNA TECH STUDIOとは?
DeNAでは 世の中の技術向上に貢献する 勉強会やイベントを積極的に支援してまいります! 具体的には、会場提供、開催費用負担、事前準備・当日の運営サポートをDeNAが担当します!
 
 
 
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。
次のお知らせも楽しみにしてお待ち頂いたら幸いです。ではでは!

<このお知らせを書いた人>山﨑 広之(やまさき ひろゆき)
<所属>北里大学薬学部 情報薬学部門 助教
<研究テーマ>ケモインフォマティクス、構造活性相関、教育系ウェブサイトなどの作成