活動レポート

2017.9.30 東京・DeNA渋谷オフィス

第6回ケモインフォマティクス入門講座
Pythonによる初学者のためのケモメトリックス講習会
〜Pythonの基本操作からPLS・SVMモデルの構築まで〜

 
2017年9月30日(土)の10時から18時まで、
第6回ケモインフォマティクス入門講座として、
 
 
Pythonによる初学者のためのケモメトリックス入門講座
〜Pythonの基本操作からPLS・SVMモデルの構築まで〜
を実施しました。
 
 
昨年度までRで行っていたケモメトリックス入門講座を、
今年度からは機械学習のライブラリが充実してきた
Pythonでしよう!と言うことになりました。
 
講師は
午前担当を久保 竜一(株式会社 DeNA ライフサイエンス)、
午後担当を小寺 正明(東京工業大学 生命理工学院)
が担当しました。
 
40人の方に参加申し込みをしていただき、
当日は34名の方々に参加いただきました。
 

 

午前はPythonの基礎を学びました。
 

午前はPythonの基本操作を学んでいきました。
Jupyterを用いることで
あらかじめ講師が用意しておいたプログラムを
実行した結果をすぐに確認することができるので、
  
 

 

小寺の講義
 
 

午後はケモメトリックスを
Pythonで行うにはどういうスクリプトを書けばよいかを
小寺が解説していきました。

 
 

講師二人が質問に答えてやり取りする場面も
 

会場からたくさん質問いただけてよかったです

 
最後にアンケートに関してです!
アンケートは34名中30名の方からお返事をいただきました。
忙しい中お時間を作っていただきありがとうございました!
 
 
 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この講習会は若手の会での要望から生まれたイベントです。
他にもご要望等あればFacebookページのコメントや
メールにてのご連絡をお願い致します。
 
これからも若手の会の活動を報告して参ります。
楽しみにしてお待ちいただけたら幸いです。ではでは!


<この記事を書いた人>

山﨑 広之(やまさき ひろゆき)
<所属>北里大学薬学部 情報薬学部門 助教
<研究テーマ>ケモインフォマティクス、構造活性相関、教育系ウェブサイトなどの作成